合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC
活用編

Excelで作る工事写真帳 マクロを使わず or マクロを使って 

 こちらの記事の解説です。→工事写真帳をExcel 2007で作ってみた ブログレ

 サンプルファイルをダウンロードして利用する方法を、ここでは windows 7 Excel 2010 で図解しています。

マクロを使わず「フォルダに保存してある写真を貼る」

 こちらの記事の解説です。→Excel定番の工事写真帳に、マクロを使わず写真を簡単に貼り付けたい ブログレ
 サンプルファイル[daisi.xlsx]を開いてください。
 サンプルファイル(このページに三つ)を保存する必要はありません。

 工事写真帳の台紙のサンプルです。[図の変更]で使うダミーの図(「見本」,「余白」)と、罫線が用意してあります。


 ダミーの図(縦:横=3:4)を目的の写真(同比率)に差し替えます。
図の上で右クリック→[図の変更]


「図の挿入」から、目的の写真を選択して[挿入]


 リサイズされて張り付きます。


同様に[図の変更]を行う(1シートに3枚)


 フッターにシート名を表示して「ページ番号」としています。台紙をコピーして増やしたら、シート名を揃えましょう。


 適宜「名前を付けて保存」してください。

マクロを使って「POFなどのファイルからコピペする」

 こちらの記事の解説です。→POFなどのファイルにまとめてある写真を、Excelで作った工事写真帳に簡単に貼り付けたい ブログレ

 写真(縦:横=3:4)をまとめたサンプルファイル[daisi_yanetenken.pdf](←クリックするとPDFファイルが新しいタブで開く)を開いてください。
目的の画像をクリック(アクティブにする)→右クリック→[画像をコピー]


 Excelのマクロを有効にして、サンプルファイル(マクロ付き)[daisi.xlsm]を開いてください。

 前述の、[図の変更]で使うダミーの図(「見本」,「余白」)を適宜削除します。
貼り付け先のセルをクリック(アクティブにする)→画面の[実行]ボタンをクリック(マクロの実行)

 PDFファイルからコピーした写真が、リサイズされて張り付きます。

同様にマクロを実行


 適宜「名前を付けて保存」してください。

マクロの確認

 開発タブを表示しておきましょう。
[ファイル]→[オプション]→「Excelのオプション」→[リボンのユーザー設定]→「メインタブ」→「開発」にチェックを入れて[OK]


 開発タブが表示されました。
マクロの有効/無効 [開発]→[マクロのセキュリティ]


「セキュリティ センター」の「マクロの設定」から、確認と変更ができます。


 VBAを起動して、マクロの記述を確認しましょう。
[開発]→[マクロ]→「マクロ[編集]」


「Visual Basic for Applications」が起動
 マクロを記述する、VBE(Visual Basic Editor)が表示されます。

 「貼り付け」と「サイズ変更」を自動化しています。

 Excel 2007 を使う場合は、こちらの記事も参照してください。→Excel 2007のマクロが残念な件 ブログレ

合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC [目次へ]

HaraHara WebSite

Copyright© 2017 SAKAEPC
inserted by FC2 system