合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC
入門編

マウス(入力装置の一つ)の使い方



 人差し指と中指でボタンとホイールを操作するので、本体を残りの指で軽く挟んで保持します。
 机などの表面を滑らせ画面上のポインタを動かしてパソコンを操作します。


 掌の手首に近い部分を机に置いて、手首と指で動かしましょう。
 ポインタが動かし辛い所へ行ってしまったらマウスを一旦浮かせ、やり直します。
 図では、指先が触れる程度でマウスを保持し、人差指を左ボタン中指をホイールに添え、机に置いた掌の部分は動かさず、指先で上下に
手首で左右にポインタを動かしています。

ポインタ

ポイント:ポインタを操作の対象であるアイコンやボタンの上などへ持っていく
 状況によってポインタの形が変わり、ガイドヒントが表示されます。

ボタンの操作

クリック:対象をポイントして左のボタンをカチ!と一回叩く ポインタがズレない様に注意!
 対象によって、選択・実行・移動(リンク先へ)などの意味があります。
ダブルクリック:カチ!カチ!と二回クリック
 対象を実行・開くなどの意味があります。
プレス:左のボタンを押し続ける
 スクロールバーの矢印ボタンの操作やドラッグする時などに行います。
ドラッグ:左のボタンを押したままポインタを目的の範囲で動かす(右ドラッグもあり)
 スクロールバーを動かす、テキストの範囲選択、ウィンドウやオブジェクトのサイズ変更など。
ドラッグ アンド ドロップ:摘まんで動かし放す
 ファイルやフォルダ、オブジェクトなどの移動、コピーが行えます。
右クリック:右のボタンをクリック
 場面に応じた操作のメニューが表示されます。

ホイールの操作

 ホイールを前後に回し、画面のスクロールや拡大/縮小を行います。
 第三のボタンとしての機能も持っています。
合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC [目次へ]

HaraHara WebSite

Copyright© 2017 SAKAEPC
inserted by FC2 system